認知症を予防する手相の判断とは?

認知症を予防する手相の判断とは?

こんにちは。

開運コンサルタントの松田聖子です。

総合鑑定とは?

~手相~ 今日は、気になる知能線を解説します。

手相は、タロットシンクロネイルで最初にリーディングしていく占術です。

皆さんの手のひらには、人生のホロスコープである相が刻まれています。

 

認知症を予防する手相の判断とは?

~知能線のお話~

知能線は、だいたいの場合、親指と人差し指の間から始まって途中で、生命線と知能線に分かれています。

知能線が手首の方へむかっている人は、じっくり考える、時間をかける。

知能線が横方向へ向かっている人は、即決型。長い会議なんて大嫌い。

前回の手相の生命線のお話の中で、多くの方が100歳超えの生命線を持っていることをお知らせしました。

今日は、知能線をプラスして、今社会問題となっている認知症を手相で考えていきましょう。

この知能線の長さと生命線の長さの関係は非常に大切です。

例えば認知症とは、多くの場合に、知能線が終了して生命線がとても長い場合を表します。

健康寿命を全うしたい場合には、知能線を生命線の長さと同じくらい伸ばしたいのです。

手相は、努力次第で短期間に線が増えたり、伸びたりします。

知能線を伸ばすには・・・・・
・目標をもって努力する
・本を沢山読む
・いろいろなことに興味を持つ

知能線を伸ばすことは、これからの大きな課題になると思いますよ!!

 

手相で近未来を知ることにより対策を立てられるようになるのです。

あなたの努力が形になります。

手相についての過去記事はこちら
手相とは
生命線
知能線

あなたも運気を気にしてみませんか?

あなたの戦略的人生のスタートはいつですか?

運気の原理原則を知りたい方😃は、メールセミナーへどうぞ!

女性起業家のための売り上げアップ開運メールセミナー7days! 

あなたの今月の運勢は?

お友達になっていただきますと、すぐにご提供している情報はこちら!

・九星早見表
・九星ごとの今月の運勢
・気になるあの人との相性
・知っ得、金運を上げる方法
・お客様の声
・松田聖子のプロフィール